広い湖に癒されて

広い心でいたい

この想いがつのって
環境丸ごと変えたくなり

琵琶湖畔に移り住んだ
海の広さも素晴らしい

けれど

琵琶湖の穏やかな広さが好きです
淡海と書いておうみ

水平線が見える
大津は琵琶湖のシッポの先

北から南に向かって

縦に琵琶湖の氣が流れてくる
心が吸い込まれて空になる

そこに氣が入ってくる
夕闇から夜になると神秘性が増してくる

異界、宇宙との境が曖昧になる感覚
心穏やかクリアーであれば

なんの恐怖もない

自然の営み

季節の変化を体感して生きることのありがたさ

荒れる姿も見せられて
それも二重サッシに囲まれた快適な

住まいがあってこそ
林住期(50歳くらい)過ぎたら

このような生活が望ましいという
けれども若い頃の夢が

満たされていないと

落ち着けなかったり

飽き飽きするという
私はただただ心の平穏

広い心が欲しかった

若い頃からの夢がここにある
さて、これからは

これをベースにゆるりと

良い交流を楽しもう
身体の声も聞きながら

次の階へのステップを

進んで行く、、、

生も死も越えていけたら

ミラクルが常識になる

mamari 

広告